このページは、過去(法案の国会審議中~政令省令が未制定だった期間)のaacpサイトのアーカイブです。
情報は当時のもので、現在の改定法・政令などを必ずしも反映していません。 現在のサイトに戻る
このページは、過去(法案の国会審議中~政令省令が未制定だった期間)のaacpサイトのアーカイブです。
情報は当時のもので、現在の改定法・政令などを必ずしも反映していません。
>> 2009.4.22院内集会第3弾(終了)
>> 2009.4.8院内集会第2弾(終了)
>> 2009.3.29緊急集会(終了)
>> 2009.3.25院内集会(終了)
>> 2009.1.24集会(終了)

2009年3月25日(水) pm.0:00〜1:00

3・25 緊急院内集会
どこが問題? 入管法改定案

会場:衆議院第2議員会館 第2会議室
(東京・永田町/国会議事堂前:Map
主催:「在留カードに異議あり!」NGO実行委員会
PDF 102kバイト

外国籍住民のプライバシーが奪われる?
自治体が住民を切り捨てる?

 政府は3月3日に住基法改定案を、6日には外登法を廃止して「新たな在留管理制度」を導入する入管法改定案と入管特例法改定案を、国会に提出しました。
 しかし、この一連の改定案、とりわけ入管法改定案が成立すれば、外国籍住民はこれまで以上の管理と監視の下に置かれることが危惧されています。さらに、「在留カード」と住民基本台帳が連動することによって、難民申請者の多くと非正規滞在者は「自治体の住民」から差別・排除され、日本社会でさらに「見えない存在」へと追いやられます。
 国会での法案審議に先立ち、これまで外国籍住民や難民申請者の権利保障に取り組んできた市民団体は、入管法改定案と住基法改定案の問題点を明らかにし、法務および総務委員会において、基本的人権の保障に基づいた徹底的な審議と見直しを求めていきます

<プログラム>

NGOからの問題提起
日弁連からの発言(難波 満弁護士)
各党議員からの発言 他


【主催】
「在留カードに異議あり!」NGO実行委員会
(呼びかけ団体:外国人人権法連絡会

【問合せ先】
在日韓国人問題研究所(RAIK)
RAIKメールアドレス アールエイアイケイ アット エイビーオーエックス5 ドット エスオー ハイフン エヌイーティー ドット エヌイー ドット ジェイピー
移住労働者と連帯する全国ネットワーク(移住連)
移住連電話とメールアドレス 電話 ゼロサン ゴウハチゼロニ ロクゼロサンサン アドレス エフエムダブリュージェイ アット ジェイシーエイ ドット エイピーシー ドット オーアールジー
アムネスティ・インターナショナル日本
アムネスティ・インターナショナル日本の電話 電話 ゼロサン サンゴウイチハチ ロクナナ ナナ ナナ
TOP

◇このQ&Aの印刷用ファイル(PDF)が、右のリンクから
 ダウンロードできます。
◇Q&Aの内容は、現在検討が進められている日本政府の
 公開資料にもとづいて、随時改定追記しています。
◇Linkはご自由にどうぞ!
外国人人権法連絡会
「在留カード」に異議あり! プロジェクトチーム